攻略・育成

ドラキー育成を考える・ドルマ型よりもメラ型が良い

冒険の書シリーズの記事では、仲間モンスターとしてドラキーを使い始めました。

そのドラキーを使っていて気がついたことがあったので、実際にどうなのかを調べて確認してみることにしました。

今までのドラキーのスキル振り

ドラキーといえば、攻撃面ではドルマの心得Ⅱやドルマの極意でドルマ系呪文を得意とする仲間モンスターです。

なので、攻撃面を重視した育成をする場合の最終的なスキル振りは上の画像のような形になる場合が多いと思います。

ドルマの心得Ⅱに50とドルマの極意に40を割り振り、ドルマドンを覚えつつドルマ系効果プラスも多めに取るという形ですね。

メラ型ドラキーの可能性

ところで、バージョン4.5前期では、メラ系とヒャド系の呪文の性能が強化されるというアップデートがありました。

これによって、メラゾーマとドルモーアを比較すると、呪文の基本性能が圧倒的にメラゾーマの方が上になったと思います。

習得できるスキルとしてはドルマ系を得意としているドラキーですが、それでもメラ系を選択した方がよいのではないか?というアイデアを試してみたいと思います。

攻撃面を比較

冒険の書を進めているキャラクターのドラキーはまだ育成中なので、すでに育ち切っているドラキーで比較してみることにしました。

ドルマ型ドラキー

まずはドルマ型。ドルマの心得Ⅱとドルマの極意に振り切った形です。

ドルモーアの威力は950程度。ドルマドンはその2倍くらいですね。

比較のために属性ベルトは外しています。

メラ型ドラキー

次はメラ型。メラの心得に40振り、ドルマの心得も25まで振って攻撃魔力を上げています。

メラゾーマの威力は1100弱。ドルモーアより1割以上強いです。

ドルマ型にはドルマドンがあることを考えると、今回のスキル振りでの比較では攻撃面は互角くらいではないかと思います。

メラ型の方が自由度が高い

比較してみると攻撃面は同じくらいでしたが、だとしたらメラ型の方が優秀だと思います。

ドルマ型は攻撃強化にドルマの心得Ⅱとドルマの極意で合計90Pを費やしています。
それに対してメラ型が費やしているのはメラの心得とドルマの心得Ⅱで合計65Pです。

メラ型の方が少ないスキルポイントで攻撃面を確保できるので、上の例のように蘇生呪文を覚えたりバイキルトなどの呪文を覚えたりと、より付加価値を持たせることができます。

ドラキーは強化されたメラゾーマを利用するメラ型の方が良さそうな感じですね。
冒険の書シリーズで育てるドラキーもメラ型を目指すことにしましょう。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    目からウロコ

  2. 匿名 より:

    ドラキー=ドルマ系の固定観念があったのである意味衝撃的な記事ですね
    バトルロードだとバッジの選択に悩みそうです

  3. 匿名 より:

    こういう他のブログにはない視点からの記事がこのブログのいいところだと思ってます

    • ハレサ より:

      しかし新しいことを考え続けるのは、非常に労力がかかります。そしてその割にはブログの発展には大して効果がありません。

      ドラクエ10自体もこの先、衰退し続けるしかなさそうな情勢という判断もあって、そのような労力を割き続ける価値は見出せなくなってきています。

  4. ななし より:

    バトロならザオリクベホマラーはパッジでいけるからドルマドンと連続ドルマドンの方が良さそうに思えるけど、どうなんだろ。

  5. 匿名 より:

    すごくいい記事なのに普段の場所にいいねボタンがないのは、いったいどうして・・・

  6. 匿名 より:

    自分が占いなら塔で闇耐性を下げられるので
    ドルマが有利だと思いますよ。
    そしてドルマ系は武器ガードされない長所もあります。

  7. 匿名 より:

    メラドルマどっちの型にするか、あと気にするなら相手の属性耐性や炎or闇ベルトを持ってるかってところですかね
    なんにせよ構成の選択肢が広がったのはいいこと

  8. 匿名 より:

    ドラキー必要?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。