攻略・育成

レベル100防具セットの性能と評価まとめ

バージョン4.5前期では、装備レベル100の新防具セットが追加されました。

簡単にですが、私の感想と評価も合わせて紹介していこうと思います。

紹介している性能の比較などは、すべて☆3でのものです。

ヴァルハラセット[戦士/パラ]

外見

セット効果

仲間死亡時 50%でためる(試合無効)
会心完全ガード +5%
重さ+19/最大HP+12/おしゃれさ+35

パラメータ

一世代前のシュバリエセットと比較して、

  • 守備力+11
  • 器用さ+3
  • 素早さ+3
  • 重さ+5
  • おしゃれさ+2

の上昇となっています。

評価

ためる能力はレベル90の大戦鬼セットと同じもので、邪神の宮殿のような味方が頻繁に死亡する場面で強さを発揮します。

会心完全ガードの能力は、痛恨の一撃や暴走呪文を使ってくる敵にはとても効果的です。

持っている二つの能力はどちらかといえば特定の場面で強いという性能で、どんな時も強みを発揮するというタイプではないですね。汎用的な性能だった一世代前のシュバリエとは対照的です。
なので、特に重視したいコンテンツとの相性によってこのセットの価値は変わってくるとおもいます。
とはいえ、職縛り条件によって強制的に使うことになる邪神の宮殿との相性が良い点を考えると、多くの人にとってはシュバリエより使いやすい装備ではないかな、と思えます。

基本パラメータの上昇も、特に重さが大切なパラディンには大きいですね。

まとめ

邪神の宮殿と相性が良いので末長く使える

セット効果が無意味なケースも多い

ソポスセット[僧侶/魔使/賢者/占い/天地]

外見

セット効果

炎・闇の攻撃ダメージ +5%
呪文発動速度 +2%
最大HP+10/最大MP+8/おしゃれさ+45

パラメータ

一世代前のカテドラルセットと比較して、

  • 攻撃&回復魔力+10
  • 守備力+13
  • 器用さ+4
  • 素早さ+4

の上昇となっています。

カテドラルセットに無いからだ下部位は、ソポスにした場合の差です。

評価

魔法職用防具は僧侶や賢者向きの防御重視のものと、魔使や占いや天地向きの攻撃重視のものが交互に登場するパターンが続いています。ソポスセットも予想通り攻撃系でした。

四世代前になるレベル90の大傑作・フォーチュンローブの上位品がついに登場です。持っている能力はフォーチュンとほぼ同じですが、これはいかにフォーチュンが強かったかの証でもありますね。

ということで、魔法使いや占い師や攻撃型賢者にとっては垂涎の防具です。これを超える装備が出るのは最短でも次の次で1年半くらい先になるはずですし、おそらくもっと遥かに先です。

天地雷鳴士は炎属性より土属性の方がむしろ主力なのでクルーガースーツの方が良いと思いきや、クルーガーよりセットで攻撃魔力が20上がっているのでめいどうふうまのダメージでもほとんど変わらないと思います。天地雷鳴士もこちらで良いんじゃないでしょうか。

まとめ

「最高の攻撃用」の地位は年単位で安泰

フォーチュンやクルーガーから劇的に強くなるわけではない

レギオンセット[武闘/バト/まも/踊り]

外見

セット効果

行動時3%でテンションアップ
テンション時魔物にダメージ+100
攻撃力+5/最大HP+8/おしゃれさ+40

パラメータ

一世代前の族長セットと比較して、

  • 守備力+14
  • 器用さ+4
  • 素早さ+4
  • おしゃれさ+5

の上昇となっています。

評価

前衛アタッカー職用なので、火力強化性能が重視されやすい装備系統です。特に行雲流水とためるをもつ武闘家と相性が抜群で、テンションバーンが強化されミラクルブーストも持つバトマスとの相性も良好です。

まもの使いと踊り子ではトライバルがもっていたコマンド間隔を早くする効果の方が火力アップには効果が大きそうですが、コマンド間隔短縮はプレイヤーの操作速度が十分でないと無意味になります。
レギオンなら操作にあまり自信がない人にも堅実に貢献してくれるという点は評価できます。

まとめ

特に武闘家と相性が抜群

固定値での強化なので強化モリモリとの相性は良くない

大怪傑セット[盗賊/魔戦/どう]

外見

セット効果

必殺チャージ率 +1%
状態異常の成功率 +10%
器用さ+50/最大HP+10/おしゃれさ+55

パラメータ

一世代前の機工博士セットと比較して、

  • 攻撃&回復魔力+10
  • 守備力+17
  • 器用さ+5
  • 素早さ+5
  • 重さ+4
  • おしゃれさ+6

の上昇となっています。

評価

究明者のコート、ヴァンガードコートと続いてきた系譜の後継者です。必殺チャージを中核能力として持ちつつ、今回は状態異常成功率を追加能力として獲得しました。
これは歴代と比較しても傑出した装備だと思います。

この系統の防具の装備職は必殺技が非常に強力なので、必殺チャージの重要性は言うまでもありません。
しかも該当職はどれも状態異常を得意としています。なかでも決定的な影響力を持つのが魔法戦士のフォースブレイク。盗賊も各種スタン技の安定性を高めます。どうぐ使いもデュアルブレイカーやジゴスパークなどで効果がありますね。

該当装備職のどれとも相性が良く、息の長い装備になるでしょう。

まとめ

定番防具の正統後継者

ヴァンガードから劇的に強くなるわけではない

タンブラーセット[旅芸/レン/スパ/踊り/遊び]

外見

セット効果

特技のダメージ +10(試合無効)
身かわし率 +3.0%
最大HP+10/最大MP+8/おしゃれさ+65

パラメータ

一世代前のポールスターセットと比較して、

  • 攻撃&回復魔力+9
  • 守備力+15
  • 素早さ+6
  • 重さ+1
  • おしゃれさ+3

ポールスターセットに無いウデ部位は、タンブラーにした場合の差です。

評価

旅芸人にベストマッチだったポールスターから打って変わって、今回は攻防を強化するオーソドックスな内容となりました。

特技のダメージを強化する能力は、多段攻撃で効果が大きいです。該当職では、特に前衛的な役割の大きいレンジャーで効果的ですね。
弓のさみだれ撃ちやブーメランのバーニングバードなどです。棍や片手剣や扇も多段攻撃が多いのでこれらの武器で攻撃を重視したいときには他の職にも良さそうです。

身かわし率+3%というのも、地味ですが無駄になることが無い効果でしかも数値が大きめなので侮れません。

まとめ

無駄になりにくい性能で堅実な底上げ

該当職自体が不人気

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。