冒険の書

バラモスで仲間モンスターを強化

サブキャラクターを作って、ストーリーをじっくりと遊び直してみることにしました。
冒険の書はその過程を紹介していくシリーズです。

前回の記事はこちら。

新戦力でピラミッド冒険の書シリーズ第25回。育てていたリザードマンがそろそろ戦力になってきました。リザードマンをパーティに加えてピラミッドに挑戦します。...
冒険のルール
  • 二人ペアで進める。
  • 酒場でサポート仲間は雇わない。(仲間モンスターを育てる)
  • バザーは使わない。
  • 売り募集や討伐配布には参加しない。

バラモスに挑戦

今回は、コインボスのバラモスをやってみることにしました。

まずは練習札からですね。

バラモスで怖い攻撃といえば、何といってもネクロゴンドの波動です。周囲に超大ダメージ。プレイヤーはジャンプで回避できますが、射程の短いマジカルハットはよく巻き込まれて死んでしまいます。

魅了の舞などの状態異常が多彩なのもバラモスの特徴です。キラキラポーンで対抗ですね。キラキラポーンがない時には、ツッコミ避けで回避できたりもします。

パラディンも一撃でやられてしまう、はらわたをえぐるという単体2回攻撃も持っています。これには見てからでも大防御が間に合います。

パラディンが押し込み、キラキラポーンで各種の状態異常を防ぎ、ネコロゴンドの波動はジャンプで避け、はらわたをえぐるは大防御で耐える、という感じで十分に戦えるのですが…

なかなか倒し切れず、時間がかかってMPが切れてくるとねこまどうの動きが鈍ったり前に出てきたりで不安定になってしまいます。

練習札での初戦は終盤ペースが乱れつつも、なんとか勝利です。

攻撃重視に作戦変更

いまいち流れがよくない、ということで作戦を微妙に変えつついろいろ試していきました。

まず、不気味な光を積極的に活用するようにしました。
バラモスは不気味な光への耐性が低いようで、かなり効きやすいです。

パラディンの武器もヤリに変えて、隙を見てできるだけ攻撃をしていくことにしました。

その結果、だいぶいい感じに倒せるようになってきましたね。

ちなみに、バラモスでは私はフワフワわたアメを使っています。
ネクロゴンドの波動は発動タイミングが早かったり遅かったりするんですが、わたアメを使っておけば安心です。

こういうところで役に立つことがあるので、普段の狩りではフワフワメガネを装備して少しずつわたアメを貯めてあります。

魔王のネックレスで仲間強化

数戦やって、魔王のネックレスをゲット!
主力メンバーのねこまどうとマジカルハットの攻撃を強化してくれます。

とりあえず今回は1つだけでしたが、いずれもっとバラモスを倒して合成を進めたいアクセサリーですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。