冒険の書

不思議の魔塔

サブキャラクターを作って、ストーリーをじっくりと遊び直してみることにしました。
冒険の書はその過程を紹介していくシリーズです。

前回の記事はこちら。

レベル85装備を集める冒険の書シリーズ第38回。天宮騎士のよろいセットなど、レベル85での更新用に準備していた装備集めのまとめです。...
冒険のルール
  • 二人ペアで進める。
  • 酒場でサポート仲間は雇わない。(仲間モンスターを育てる)
  • バザーは使わない。
  • 売り募集や討伐配布には参加しない。

不思議の魔塔開始

不思議の魔塔に行けるようになっているので、そろそろこれを始めることにしました。
不思議のカードを手に入れるのに必要なコンテンツですね。

不思議の魔塔を進める

不思議の魔塔でも職はそのまま同じで、パラディンと僧侶で行くことにします。

不思議の魔塔は道中でどんどんレベルが上がってスキルを振り分けていきます。パラディンはまずヤリに振り、その後はくあいに振っていきました。

道中の雑魚は無視することも可能ですが、レベルや装備を強化するためにすべて倒していきます。

4階まで来たら不要な装備をすべて売り、魔法の聖水と小瓶を買えるだけ買っておきます。
5階以降になると回復アイテムの値段が上がるので、この段階で確保です。

パラディンは攻撃ではジゴスパークが強いですがそれ以外はそれほどでもないので、ボス戦や強めの雑魚では敵を押して味方を守ったり回復の補助をしたりしつつ、ジゴスパークやさみだれ突きがたまったら攻撃もするという感じですね。

15階の休息の間まで来たら、手持ちの装備をNPCの錬金屋でゴールドのあるだけ強化していきます。

不思議の魔塔は装備につく錬金効果がハデなので、外での地味なパラメータプラスと違って体感できるほど効果があります。
運がいいとすごい能力の装備が使えて楽しいですね。

19階で最後のボス戦。魔天獅ヒッポルコです。

レベルが40まで上がっていると、パラディンはヤリでジゴスパーク、はくあいでヘヴィチャージまで覚えられますね。ヘヴィチャージが使えれば一方的に押し込めます。

味方を守りつつ、おたけびは後ろに回り込み、ヒップインパクトはジャンプで避けると楽に戦えました。ダークノーズブレスというブレス攻撃もあって、これには僧侶のフバーハが効きますね。

不思議のカード

20階まで一通りクリアすれば、金のフェザーチップがいくつか手に入ります。

さっそく不思議のカードを貰ってみました。合成するのはHP/攻撃力/重さにしましょうか。

すべての合成効果を最大にするには6回、不思議な魔塔を20階までクリアする必要があります。
以前は月に1回の更新を待たないと金のフェザーチップは手に入らなかったのですが、それだと完成まで半年もかかるということで、今は金のフェザーチップについては更新を待たなくても繰り返し得られるように緩和されました。

とりあえず今回はここまでです。不思議のカードは時間のある時に魔塔をクリアして強化していくことにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。