冒険の書

破邪の秘技伝授までのストーリーと海魔の眼甲でピラミッド

サブキャラクターを作って、ストーリーをじっくりと遊び直してみることにしました。
冒険の書はその過程を紹介していくシリーズです。

前回の記事はこちら。

グランゼドーラからダーマ神殿までのストーリー冒険の書シリーズ第34回。真レンダーシアのストーリーを進めていきます。今回はグランゼドーラからダーマの神殿まで。ボス戦はヘルバトラーとグレイブディガーです。...
冒険のルール
  • 二人ペアで進める。
  • 酒場でサポート仲間は雇わない。(仲間モンスターを育てる)
  • バザーは使わない。
  • 売り募集や討伐配布には参加しない。

集結!叡智の冠

前回に引き続き、ストーリーを進めていきます。

アンルシアを追って、古き神の遺跡へ向かうところからです。

ソーラリア峡谷~古き神の遺跡、とダンジョンを進んでいきます。かなり広くて、景色も雰囲気があったりしますね。

ただ、ドラクエ10は基本的に敵との戦闘を避けることが容易ですし、そこで戦う意味もないので、ダンジョンはあまり冒険の舞台にはならないんですよね。あっさり通過するだけになりがちなのが残念なところです。

獣魔将ガルレイ

結界の間では、獣魔将ガルレイとのボス戦があります。

このボスは、以前の経験ではかなりの強敵だったような印象があります。

しかし昔は無理だったと思いますが、今のパラディンはこの時点の装備でガルレイに対して互角の押し合いができます。抑えることができるのでこちらのペースで戦うことができました。

画像のように反撃ではげしいおたけびも使うのですが、当たっても転倒しないタイプのようです。大防御するだけで良いので楽ですね。

ガルレイは魔勇者アンルシアのように闇の衣を使う第二形態もあり、普通にやるとこちらの方が強くて本番的な存在です。

ですが、押し合いで足止めができるパラディン構成だと、こちらの方がむしろ楽なくらいですね。
すさまじい攻撃力の闇の衣モードを押し合いで時間を稼いで凌げば、勇者の光が発動したときに万全の状態で攻撃に移ることができるのでいい感じです。

その後、ストーリーでは黒仮面の男は大魔王によって蘇らされたトーマだったいう展開に。

神の緋石も破壊され、敵勢力の強大さが印象づけられます。俄然盛り上がってきましたね。

破邪の秘技を会得する

これに対して、主人公サイドでは勇者が破邪の秘技を会得して対抗することになります。

グランゼドーラ地下の秘密会議室では、叡智の冠のメンバーが通信で会議する場面がありますね。

悪に対抗する正義の秘密組織といった感じで、いかにも雰囲気があります。

そして、この段階で王家の迷宮がコンテンツ開放になります。

アンルシアを育てることができ、ここでしか手に入らない報酬(主にベルト)もあり、登場当時は大成功だったコンテンツだと思います。
その後、邪神の宮殿で上位装備が手に入るようになったので、報酬にあまり魅力がなくなり、コンテンツとしての重要性は低下していきました。

そんなわけで、やらないといけないコンテンツではないのですが、ストーリー的な要素もありアンルシアの育成にもなるので、ある程度はやっておく予定です。

王家の迷宮はそのうちやるとして、今はストーリーの続きを進めましょう。

各地で賢者の試練をこなし、破邪の秘技を伝授してもらいます。

まずは賢者ブロッゲンから、勇者の眼。増殖する敵の分身を一気に消し去ってしまう技です。

敵のペロリンマンは単独では弱いですがどんどん分身して増えていくので、アンルシアの勇者の眼が頼りですね。

次は賢者エイドスから、勇者の盾。敵の致命的な攻撃に対してバリア地帯を形成する技です。

なにやらヤバそうな雰囲気の攻撃が始まったら、この安全地帯に逃げ込まないとあっという間に死んでしまいます。
まれにアンルシアが行動中なのか勇者の盾を出すのが遅くて間に合わないことも…。

賢者ホーローからは、勇者の心。ダメージを与えられない状態を治療してくれます。

これがなければ勝負が始まりすらしません。

賢者の試練の各ボス戦はアンルシアの破邪の秘技の特徴を覚えるためのバトルという感じのものなので、ボスの強さ自体は大したことなくて楽です。

このあたりのストーリーでは、強大な魔王勢力に対して切り札になる技を習得するというストーリー中にある成長要素を、プレイヤーが関与できるバトルシステムへ落とし込んでうまく表現していますね。

海魔の眼甲でピラミッド

さて、ストーリーの進行はいったんここまでにして、キャラクターの育成もやっていきましょう。

グラコスでアクセサリー取り

真メルサンディのストーリーとグラコス再挑戦冒険の書シリーズ第31回。真メルサンディ村のストーリーと、作戦を考え直したグラコスへの再挑戦です。...

グラコスはこの記事のときに勝てるようにはなっていましたが、報酬アクセサリーの海魔の眼甲はまだでした。改めてやることにします。

カジノコインでカードを入手するのですが、結構交換レートが高いのですごろくをやってカジノコインを補充したりもしています。

前回挑戦した時よりも、装備が全体的に強化されているのでやや楽に勝てるようになったかなという感じです。

作戦は同じで、仲間呼びをハンマーでできるだけ防ぎながら、呼ばれてしまったらヤリでまとめて攻撃していきます。

数戦やって海魔の眼甲を二つゲット。

合成ではためる効果で埋め尽くしたいところですが、まだまだですね。

ピラミッドでブローチアンク強化

海魔の眼甲を入手したので、相性のいいピラミッドでさっそく活用しつつ、さらなる育成を進めたいと思います。

海魔の眼甲があると高テンションからの範囲攻撃ができるようになります。爽快感があってピラミッドが楽しくなりますね。

ピラミッドも先週よりもずいぶん楽になっていて、第六霊廟までは余裕をもってクリアしていける感じになりましたね。
ただ、第七にはまだまったく勝てる気がしないので、第七以降の霊廟へはまたいずれもっと成長したら挑んでみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。