冒険の書

新戦力でピラミッド

サブキャラクターを作って、ストーリーをじっくりと遊び直してみることにしました。
冒険の書はその過程を紹介していくシリーズです。

前回の記事はこちら。

ドラゴンガイアで大地の竜玉を手に入れる冒険の書シリーズ第24回。ドラゴンガイアに挑戦し、重要アクセサリーの大地の竜玉を狙います。...
冒険のルール
  • 二人ペアで進める。
  • 酒場でサポート仲間は雇わない。(仲間モンスターを育てる)
  • バザーは使わない。
  • 売り募集や討伐配布には参加しない。

リザードマンが戦力に

以前の記事で、リザードマンを仲間にして育てていました。

新しい仲間冒険の書シリーズ第21回。新戦力として新しい仲間モンスターの育成を開始しました。...

転生を1回してレベルも40になり、そろそろ戦力としてパーティに参加できるくらいになってきました。

地下水路で転生狙い

今回は、まず謎の地下水路でさまようよろいを倒すことにします。

さまようよろいには転生モンスターがいて、アクセサリーのロイヤルチャームをドロップします。

さまようよろい自身もレベル70の聖王の剣などを持っているで、リザードマンが使うための武器も一緒に確保しようという狙いです。

しばらくするとシュバルツシュルトが出現し倒すことができましたが、ロイヤルチャームはドロップせず。最低1つは取っておきたいのでロイヤルチャームを手に入れるまで、継続です。

その後も、2体目3体目と出現しますが一向にロイヤルチャームはドロップなし。

そうこうするうちにレベルは70を超えて、装備を準備しておいた神兵の鎧とさとりの衣に更新!

4体目のシュバルツシュルトでようやくロイヤルチャームをゲットです。

ピラミッドへ

装備もパワーアップしたところで、リザードマンを仲間にした元々の目的だったピラミッドに再挑戦してみましょう。

第一の霊廟

最初のミイラ男の群れへの狼牙突きの威力からして、前回とは大違い。これはいいですね。

武器が70の聖王のヤリになり、リザードマンからバイキルトももらえるようになったことで、火力が段違いにアップしました。

第一の霊廟をまずは軽くクリア。

第二の霊廟

主力は自分の狼牙突きですが、リザードマンのらいめい斬りもいい感じに決まることが結構あります。
見た目もギガスラッシュに似ていてかっこいいですね。

このあたりまではまだ、エンゼルスライム帽で余裕綽綽です。

第三の霊廟

前回の挑戦で敗退した、第三の霊廟。ここからですね。

守備力が高くてまともにダメージを与えられなかった赤色の雑魚にもそこそこ攻撃が効くようになっています。これは何とか間に合いそうですね。

ボスは攻撃力が高いですが、そこはパラディン得意の隔離戦法で対抗です。

第四の霊廟

第四の霊廟も特に危なげなく突破。

第五の霊廟

雑魚がさらにしぶとくなり、痛恨の一撃も使うようになってきましたが、まだ何とか通用するようです。

第六の霊廟

そろそろ苦しいのではないかという感じもしてきましたが、第六の霊廟にも挑戦してみましょう。

第一陣の雑魚の硬さからして、これは間に合うのか?と思いましたがなんとかいけました。

ボスのファラオ・ルドラは硬すぎて普通の武器攻撃は全然効きません。
こうなるとリザードマンはほとんど無力ですが、ボス戦で頼もしいのがマジカルハットですね。無限機関のMPと守備力を無視する安定攻撃で着実に削ってくれます。

私もヤリ装備なので、一閃突きという守備力無視攻撃があります。

ファラオ・ラーまで来ればもう敵の増援はないので、あとはパラディンが抑えてじっくりやれば問題なしですね。

第六の霊廟までクリア!

さすがにこの調子では難易度が急上昇する第七には挑戦しても勝ち目はないので、今回はここまでにしておくことにしました。

アンクをゲット

今週のピラミッドは確定アンクとブローチが第一と第三になっていたので、ここでアンクも初入手となりました。

とりあえず第六の霊廟までクリアできるようなったので、今後のピラミッドでのアクセサリー入手もそこそこ進むようになりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。